1. AIG損保 TOP
  2. 海外出張・駐在保険

AIG損保の海外出張・駐在保険の特長

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

アイコン:資料請求資料を請求する アイコン:インターネット契約インターネット契約

アイコン:保険料表保険料表

パッケージ補償とサービス

3つの特長

POINT
1
ケガ・病気補償が充実

  • ■ 海外旅行で最も多いトラブルであるケガ・病気の治療を充実補償
  • ■ 治療・救援費用を無制限※1に補償する「インフィニティプラン」で安心サポート
  • ■ 保険期間31日以内の契約については
    • ・持病・既往症の急激な悪化
    • ・旅行中の急激な歯痛による歯科治療
    • ・妊娠初期の異常による症状(妊娠満22週以後の発症は除く)
    も補償します。

POINT
2
長期滞在ならではのトラブルに対応

  • ■ 保険期間32日以上の契約については
    • ・住居内の家財や身の回り品の盗難・破損
    • ・借家の火災による家主への賠償責任
    • など現地でアパートなどを借りて生活する場合のトラブルもしっかりカバー
  • ■ ご家族の死亡・危篤による一時帰国費用(オプション、保険期間3か月以上にセット可能)

POINT
3
24時間日本語対応のコールセンターがトラブル時にサポート

アシスタンス・サービス

状況に合わせて、スピーディーに対応

  • ■ 医療機関の紹介・手配、通訳手配
  • ■ キャッシュレス・メディカルサービス
  • ■ パスポートやクレジットカードなどの紛失・盗難時の手続きのご案内
    など

※1 無制限とは治療・救援費用補償特約の保険金額(支払限度額)を無制限にすることであり、治療・救援費用を終身補償するものではありません。

パッケージ補償の内容

ご自身のケガや病気の補償

傷害死亡/疾病死亡

傷害死亡/疾病死亡

ケガまたは病気が
原因で亡くなられた

傷害後遺障害

傷害後遺障害

旅行中のケガが原因で
後遺障害が生じた

緊急歯科治療費用(保険期間31日まで)

緊急歯科治療費用

旅行中に急に歯が痛くなった※1

治療・救援費用

治療・救援費用

階段で転倒して骨折盲腸で入院ケガや病気で長期入院し
日本から家族が現地に駆けつける

疾病応急治療・救援費用(保険期間31日まで)

疾病応急治療・救援費用

旅先で旅行前にかかっていた
病気が急激に悪化※2

携行品の補償

携行品損害/生活用動産補償※3

スマートフォンを盗まれた

買い物中にスマートフォンを盗まれた

アイコン:カメラを落とし、壊してしまった

カメラを落とし、壊してしまった

航空機遅延などの補償

旅行事故緊急費用※4(保険期間31日まで)

空会社に預けた手荷物が出てこない

航空会社に預けた
手荷物が出てこない※5

悪天候で、搭乗予定の航空機が飛ばなかった

悪天候で、搭乗予定の
航空機が飛ばなかった※6

列車が運休したため、急きょタクシーで空港へ向かった

列車が運休したため、
急きょタクシーで空港へ向かった

その他、このようなトラブルも補償します。

個人賠償責任/家族総合賠償

お湯を出しっぱなしで寝てしまい、水浸しになり、修理費を請求された

グラフ:海外で身近におこるトラブル

出張者用プランと駐在者用プランの比較

保険期間が32日以上の場合には、旅行目的が出張でも「駐在者用」プランにご加入いただけます。 また、反対に旅行目的が駐在でも「出張者用」プランにご加入いただくことも可能です。

傷害死亡、傷害後遺障害、疾病死亡については出張者用プラン・駐在者用プランに共通の補償です。

補償項目 出張者用 駐在者用
治療・救援費用
  • ・出張・駐在中にケガや病気で治療を受けた場合(旅行行程終了後72時間以内に病気の治療を開始した場合を含む)の治療費のお支払いや、3日以上入院または搭乗中の飛行機が遭難し、日本から親族(その代理人を含みます。)が現地に行く場合など
  • ・出張・駐在中に行方不明になったり、誘拐にあった場合に、親族(その代理人を含みます。)が現地へ行く費用、捜索・救助費用など(300万円限度)を補償
疾病応急治療・救援費用
(保険期間31日までのご契約の場合)
旅行出発前の病気で、出張中に応急治療を受けた 場合や、3日以上入院し、日本から親族(その代理人 を含みます。)が現地に行く場合(300万円限度)
出張者用プランと駐在者用プランは個人賠償責任と携行品損害の補償が異なります。
お客さまのニーズにあったプランをお選びください。
緊急歯科治療費用
(保険期間31日までのご契約の場合)
出張中、急激な歯の痛みや苦痛を一時的に除去・緩和するための応急治療を受けた場合など(10万円限度)
個人賠償責任 出張中に他人にケガをさせたり、あやまってお店の品物を壊してしまったり、ホテルの部屋を水浸しにしてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合など
携行品
(携行品1つあたり10万円限度)
(乗車券・航空券などの場合は5万円限度)
出張中に携行するスーツケース、カメラ、時計などを盗まれたり、あやまって落として破損した場合や、パスポートの盗難により再取得する場合など
旅行事故緊急費用
(保険期間31日までのご契約の場合)
予期せぬ偶然な事故※によって次の費用を負担した場合
①交通費 ②宿泊施設の客室料 ③食事代 ④国際電話料等通信費 ⑤渡航手続費 ⑥渡航先での各種サービス取消料など ⑦身の回り品購入費
※公的機関、宿泊機関、医療機関または旅行会社に より事故の発生が証明されるものに限ります。
航空機寄託手荷物遅延
(保険期間32日以上のご契約の場合)
出張中、搭乗時に航空会社に預けた手荷物が、到着後6時間以内に目的地に運搬されなかった場合
航空機遅延費用
(保険期間32日以上のご契約の場合)
出張中に悪天候や機体の異常などの理由で、搭乗予定の航空機が6時間以上遅延したり、欠航・運休になった場合など
家族総合賠償責任
(被害者治療費用がセットされています。)
(保険期間32日以上のご契約の場合)
こちらの補償は
駐在者用プランのみとなります 。
駐在中に他人にケガをさせたり、あやまってお店の品物を壊してしまったり、ホテルの部屋を水浸しにしてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合など
また、失火によるアパートなどの借用住宅に対する損害賠償責任、自動車事故による損害賠償責任(現地の自動車保険で支払い切れない場合など)について補償、
また、損害賠償責任の有無に関係なく、住宅内で来客などがケガをした場合に負担した治療費用も補償
生活用動産(長期用)
(家財・身の回り品など1個あたり10万円限度)
(乗車券・航空券などの場合は5万円限度)
(保険期間32日以上のご契約の場合)
駐在中に携行するスーツケース、カメラ、時計などを盗まれたり、あやまって落として破損した場合や、パスポートの盗難により再取得する場合など
また、アパートなどの居住施設または宿泊施設に保管中の物が盗難などの偶然な事故によって損害を受けた場合など
緊急一時帰国費用
[オプション]
(保険期間3か月以上にセットできます。)
出張中に家族※1の死亡・危篤などにより一時帰国した場合に、往復の交通費、宿泊費などを補償
(海外渡航前からすでに入院中であったり、治療を受けている疾病などが原因となるものは対象となりません。)
駐在中に家族※1の死亡・危篤などにより一時帰国した場合に、往復の交通費、宿泊費などを補償
(海外渡航前からすでに入院中であったり、治療を受けている疾病などが原因となるものは対象となりません。)
また、「家族緊急一時帰国費用」を追加することによって、帯同される家族※2の費用も補償

アシスタンス・サービス

アシスタンスセンターでは、24時間・365日、日本語対応で、ご契約者の皆さまからのご相談に応じてサービスをご案内しています。

アシスタンスセンターにおまかせ!

  • ■ 自社で「アシスタンスセンター」を運営
    保険知識を持った社員が、お客さまの契約内容を確認しながらスピーディーに対応します。
  • ■ 同一拠点に保険金支払部門を配置
    お客さまの問い合わせから保険金のお支払いまでスムーズかつスピーディーに対応します。
  • ■ グローバルネットワーク
    AIGグループは、世界の保険業界のリーダーであり、さまざまな国や地域でお客さまにサービスを提供しています。例えば、AIG損保のメディカルチームにおいては24時間医師と連絡が可能で、搬送が可能かどうかなど、医師の判断が必要な事案もスピーディーに対応します。

海外での「困った」に24時間日本語でお応えします。

病気やケガに関するアシスタンス

  • ● キャッシュレス・メディカルサービス
  • ● 緊急移送時の輸送機関の手配
  • ● 医療情報の提供
  • ● 付添医師・看護師の手配
  • ● 医師・病院の紹介、手配
  • ● 入院時のご家族への状況報告
  • ● 電話による医療通訳サービス
  • ● 捜索・救援機関の紹介・手配、
    救援者のホテルなどの手配、遺体移送
  • ● 入院・転院の手配

事故相談サポート

  • ● パスポートやクレジットカードなどの紛失・盗難時の手続きのご案内
  • ● 保険金請求手続きに係わるご相談受付

キャッシュレス・メディカルサービスとは

米国を中心に、世界55万か所以上の医療機関で、その場で費用を自己負担することなく治療を受けていただけるサービスです。お手元に現金をお持ちでなくても、安心して治療が受けられます。

■ ご利用方法

STEP1
アシスタンスセンターにご連絡ください。
STEP2
病院の受付カウンターにお越しください。
STEP3
海外旅行保険インシュアランスカード(契約証)をご提示ください。
STEP4
病院が案内する所定の書類または弊社指定の保険金請求書をご記入ください。

■ ご利用に際しての注意

  • ※アシスタンスセンターでは、ご連絡いただいた内容をもとにお客さまの状況に適したサービスをご案内します。
  • ※保険の対象とならない費用や保険金額を超えた費用は自己負担となります。
  • ※国・地域・医療機関などの事情によりご希望のサービスをご利用いただけない場合があります。
  • ※「緊急歯科治療費用」についてはキャッシュレス・メディカルサービスはご利用いただけません。
  • ※サービスの内容や範囲は予告なく変更・中止することがあります。

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

アイコン:資料請求資料を請求する アイコン:インターネット契約インターネット契約

アイコン:保険料表保険料表